冷え性の原因と症状は何?意外と身近な冷え症問題

冷え症というと女性の問題と考える人も多いかもしれませんが、実は男性も冷え症になることは非常におおいのはあまり知られていません。
冷え症は一つの原因ではなくいくつかの要因があり、それらが重なることで冷え性という状態を作りやすくなります。
冷え症は病気ではありませんが病気などを招きやすくなるのも事実です。

冷え症の原因は?

冷え症の原因として大きなものが「血行不良」になります。血行不良は筋肉のコリや緊張などで血管が圧迫されることでも起きることが多く、血液の流れが滞ることで末端の温度が下がり得冷え症につながっていきます。
代表的な部分としてはつま先等が冷たいなどがこれになり、マッサージや半身浴などで血行不良を改善していくことで冷え症を緩和させることにも繋がっていきます。

猫背なども冷え症になるって本当?

猫背などは筋肉のコリなどを作りやすくなり、血行不良の原因を引き起こしやすくなります。
コリは一時的に緩和しても、デスクワークなどが多いひとはすぐにコリを感じるようになってしまうのでストレッチやマッサージなどをとりいれていくことになりますが、なかなか思うようにいかないのも実情だと思います。
猫背矯正などをすることで体温なども低くなりにくくことから、姿勢を意識することなども冷え性対策のひとつになると考えてもいいかもしれません。

体温を下げる行為

つねにアイスドリンクなどを飲む人は冷え症になりやすいといわれています。
これは内臓などの温度を下げやすい飲み物などにコーヒーなどが含まれていることや、カフェインが血管を収縮させやすい部分などが関連してきます。
冷たい飲み物をとることが多い人は意識して数回に一度、温かなお茶などをとりいれるようにすることで冷え症にも効果を感じやすくなるとされています。

汗をかかない

これは同時に水分不足も関連してきます。
汗をかくことは体温調節にも繋がるものであり血行不良にも関連してきます。
血行不良で体が冷えている状態では汗をかかないことが多く、汗をかかないので水分を欲しいと感じなくなりますます汗の量を少なくしてしまうことに繋がります。

これらは温かい飲み物などを飲むことでも緩和しやすくなり、正常な発汗作用を促しやすくなります。
冷え症は一つの原因が様々なところと結びついた結果引き起こされるということにも繋がっていきます。

冷え症からくる症状や病気はあるの?

冷え症というと指先やつま先が冷たいというものをかんがえる人がほとんどだと思いますが、冷え症が原因で起きる症状なども意外なものがあったりします。

肌のくすみ

肌のくすみなどは冷え症からくる血行不良などが多く、乾燥肌なども起こしやすくなります。
肌のくすみや乾燥は肌荒れや大人ニキビなどにつながることも多く、美容面のマイナス効果を引き起こすものに冷え症がはいってくると考えてもいいでしょう。

大人ニキビの原因は感想やホルモンバランの乱れが多く、冷え症はこの二つを誘発させやすい血行不良と連動しています。
眼の下のクマなどが取れない場合なども冷え症が考えられるといえます。

肩こり・腰痛

冷えによる筋肉の凝固やコリなども冷え症が原因といえます。肩こりなどが悪化することで頭痛やめまい、肥満などの原因になっていくことも多いので冷え症で肩こりを感じる人などはストレッチや温かい飲み物を取り入れるなどで体全体をたためて筋肉をほぐれやすくすることも大事になります。
肩こりは背中や首なども一緒に硬くしてしまい上半身の血行不良を悪化させてしまい冷え症を悪化させることにも繋がってしまいます。

便秘

体の冷えは脂肪も冷たくしてしまいます。
脂肪が冷えることで腸などを圧迫しやすくなり、内臓の温度も下げてしまうことなどから便秘が起りやすくなります。
便秘は古い細胞などを体外に排出することを阻害してしまい、腸内で「消化、吸収、排出」のサイクルが乱れることで肥満を起こしやすくなったり体臭などを悪化させるなどもでてきます。

便秘は肌荒れなどはもちろんですが消化不良なども引き越してしまいます。
冷え症で便秘を感じる人は非常におおく、寝る前にお腹の周りを柔らかくマッサージなどを行うことで腸を直接刺激し、脂肪や血管を温めることにもつなげることで便秘とお腹周りの冷えを改善することにも繋がっていきます。

冷え症はちゃんと向き合うことが大事

冷え症はきちんと向き合うことで改善できる部分が多いです。
小さな部分を改善していくことで冷えはもちろんですがむくみや偏頭痛の緩和などにも繋がっていくので食生活や飲み物などを見なおしていく日常生活に導入できる対策などをまず習慣にしていき、ゆっくりと症状を改善させていくことで体に負担の少ない状態で冷え症の改善に繋がっていきます。
急激な変化などは体もですがメンタル面の負担なども増えてしまうので最初は簡単にとりいれられる部分からの導入がおすすめになります。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

冷え性で起こる主な疾患!冷え性で感じる症状と改善策

NO IMAGE

女性に冷え症が多い理由は?成人女性の3人に1人は冷え性

NO IMAGE

冷え症の改善方法とは?改善が生理痛や睡眠不足を緩和してくれる