冷え性で起こる主な疾患!冷え性で感じる症状と改善策

冷え性は万病の元という言葉があります。
直接の病気になることは少なくとも、冷え性による症状が悪化することで疾患などを誘発しやすくなると考えることで疾患につながると考えてもいいでしょう。

冷え症から起きる症状は実に多く、成人女性は3人に1人、成人男性でも冷え症は非常に増えてきているといわれています。
また、ティーンなどにも冷え症を訴える女性が増えてきており、体を冷やしやすいファッションなどが定着したのも大きな要因と考えられるかもしれません。
いずれにしても冷え症は一つの疾患として認識する場合もあり、たかが冷え症とは言えない状態といってもいいでしょう。

冷え症から起きる疾患

冷え症で感じる症例は「血行不良」「便秘」「めまい」「腰痛」「しびれ」などがあげられます。この中でも特に痺れと目眩は内臓疾患などのサインであることも多く、きっかけが体の冷え
だったということも珍しくありません。

口内炎

口内炎がなかなか治らないという人におおいのが冷え症になります。これは消化器官が冷えることで口内炎の悪化や胃腸障害、消化不良などをおこしやすくなることになります。
また、口腔内と舌には細い血管が多く、冷えることでこれらが収縮してしまうことでより口内炎を悪化させてしまうことにつながることも珍しくはありません。

腸炎

お腹周りの脂肪などが冷えることで内臓自体が冷えてしまい、腸炎などをおこしやすくなってしまいます。
腸炎は「消化、吸収、排出」のサイクルを壊してしまうことなどからも体全体に影響を及ぼしてしまうことが多く下痢などが続くことで腸壁自体を傷めしてしまうことなどにも繋がります。
腸の管理は健康には非常に大事なものであり、排出などが上手にできないことは便秘はもちろんですが古い細胞や老廃物などを体外に排出できないことにつながるので、肌荒れなどをおこしやすくなります。
肌荒れやニキビ、口周りの吹き出物などが長期間続く場合は腸内環境が悪化している可能性が非常に高いので一度クリニックなどで診察を受けた方が良いでしょう。

便秘から起こりうる疾患

便秘は疾患ではないと考える人もいますが、実は便秘は悪化すると非常に怖いものになります。
軽度の便秘などは自然排出などを促すことができますが、二週間以上排便ができないという場合は腸内でベント老廃物が結びつき硬化してしまっている可能性も高く処方薬などでなければ排出できない可能性が非常に高いです。

自律神経失調症

便秘で自律神経失調症になる人は非常におおいです。
これは排便ができなうことで腹部の重みがストレスになり、睡眠不足などを招くことなどにも起因します。
2~3日の便秘程度ではそこまで悪化することはありませんが1週間以上排便ができないなどは体は非常にストレスを感じることが多く、その形状で自律神経失調症になることも珍しくありません。
定期的に便秘になる人などはクリニックで整腸剤などを処方してもらっておくといいでしょう。

大腸がん

便秘が酷い人で最も深刻な疾患は大腸がんになります。これは腸の動きが完全に停止してしまいがん細胞が増えていくことなどからの誘発になるのでパーセンテージは低いですが全くないとは言えない状態です。
便秘が悪化することで血液中に排出できない毒素等が流れてしまい全身に広がってしまったり、口臭や体臭が悪化して大腸がんに気付くなどもあるので、排便障害などを持っている場合はクリニックで一度調べてもらうことが予防につながりやすくなります。

体臭の悪化

これは排便できなことで血液中に老廃物や毒素などがながれてしまい、全身に回ってしまった時に起こりうるものになります。
汗などの臭いが変わったり口臭などにも変化が出てしまう場合は専門医の診断が大事になってきます。
体臭の変化は胃癌や大腸がん、胃潰瘍などを見つけるきっかけにもなるのでたかが口臭、体臭などとは言わないことが大事になります。

冷えは様々な疾患を作りやすい

冷え症は内臓を冷やすことが大きな疾患などを招きやすいものになります。
冷え症がひき越す症状は一見すると軽度に見えますが放置することで重篤な症状を誘発しやすいと考えてもいいでしょう。
内臓の冷えは手のしびれ、めまいなどにも繋がっていきます。めまいなどは外出中に起きてしまうと転倒や昏睡などを招いてしまうこともあるので、外出時には少しだけ温かい飲み物を取り得るなどを考えたり、体の暖まる食事を意識するといいかもしれません。
内臓の冷えは男女ともに大きな問題になっており、冷えを感じやすい人は喫煙を控えるなども効果的といえます。
喫煙は冷えで収縮してる血管をさらに収縮させてしまう可能性が高く、冷え性を悪化させるといわえています。
喫煙習慣のある人は足浴や入浴などで出来るだけ体を温めることを意識することが大事になってきます。
本数を減らすことでストレスにつながる場合などは根菜類などを多くとり腸内環境などを完成化させるなどの対応もおススメの方法になります。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

女性に冷え症が多い理由は?成人女性の3人に1人は冷え性

NO IMAGE

冷え性の原因と症状は何?意外と身近な冷え症問題

NO IMAGE

冷え症の改善方法とは?改善が生理痛や睡眠不足を緩和してくれる