女性に冷え症が多い理由は?成人女性の3人に1人は冷え性

冷え症に悩む女性は多く、成人女性の三人に一人が冷え症に悩んでいるというデータがあるほどです。
冷え症というとこのように女性が多く思えますが実際には男性も多く、症状や体に起きる所外などが女性の方が重いことが多いことから女性に冷え症が多いという考えが一般化しているといってもいいかもしれません。
女性の冷え症に関連してくるのがホルモンバランスの乱れなどであり、生理前に指先やつま先を始め体全体が冷えるなども多くある症状です。

また、女性は男性よりも筋肉が少なく脂肪の多い体になっていることがほとんどです。
これは体の熱量を上げる筋肉が少ない分、女性は男性よりも冷えやすい体であることが多いといってもいいでしょう。

女性の冷え症が引き起こす症状

女性のとっての冷え症は万病の元という言葉がある様に、体の冷えは様々なマイナス効果を生み出してしまいます。また、脂肪が冷えやすくなってしまうことで内臓の体温などを下げてしまうことなどでも便秘を始め肥満や消化不良などをおこしやすくなってしまいます。
また、冷え症で見逃せないのが女性の場合は生理や生理痛との関連になります。

生理と冷え症の関連

生理前は体が冷えやすくなる人や低体温を感じる女性は少なくありません。
通常、生理前は体温が高くなり排卵が行われるのですが、実際の体感としては体が冷えているという人がほとんどというデータもあります。
これは、生理前の血液の流れの滞りなどが冷え症を起こしやすくなり、脂肪などを冷やすことで子宮や腸などを冷やしやすくなってしまい体温は高くとも堅田が冷たいと認識してしまうと考えてもいいかもしれません。
特にお腹周りの冷えなどは女性の場合は冷えを感じやすくなります。
普段ヒールやパンプスを穿くことが多い人もつま先などが冷えやすくなるので、生理前などは体の冷えを感じやすくなるのが実情です。
また、生理時は血液なども排出されることから体温が下がることなどを感じやすいですが実際には高体温であることも珍しくなく、冷えと生理の関係は密接になっています。

ホルモンバランスと冷え症

生理前はモルモンバランスが大きく変動する期間になります。ホルモンバランスの乱れもですが生理前のホルモンのアップダウンでも一時的に冷え症になる人は非常におおく、このことも女性の冷え症が多いうという状態にも繋がっていると考えられます。
睡眠不足や深夜時間帯の活動などでもホルモンバランスは乱れやすくなりますが、女性の場合は排卵が最もアップダウンが大きなものになります。
同様に出産や閉経などもホルモンバランスのアップダウンが大きなものになるので冷え症を誘発することも珍しくありません。

授乳が終る同時に冷え症を感じるようになったなども多く、女性の冷え症とホルモンバランスの関係は密接といってもいいでしょう。

対策方法は?

生理前などの場合はなるべく体を冷やさないように暖かな飲み物などを意識して飲んでいくことがおすすめになります。
また、温野菜などを多く摂取することで内臓を内側から温める効果なども期待できるので野菜などもサラダもですが少し暖かな状態で摂取することが対策のひとつになってきます。
軽い運動もですが体幹ストレッチなどの短時間で体の筋肉などを伸ばしやすいものを就寝前取り入れることで冷えによる体のコリなどもほぐしやすくなり、睡眠導入にも繋がりやすくなります。

睡眠不足はホルモンバランスの乱れにも繋がるので冷え性の人は出来るだけ12時前、遅くとも1時には就寝することで体温を安定させやすくなります。
眠りが浅い人などは22時くらいにスマートフォンなどをナイトモードにすることで目に対する刺激などを緩和できるので睡眠導入を取り入れやすくなります。
しっかりとした睡眠はホルモンの過剰分泌などを抑えやすくなるので生理前の体の冷えを感じやすい人などは、ナイトモードを取り入れるだけでも違いが出てくることが多いです。

また、足浴などを利用してつま先を重点的に温めていく方法も日常の冷え用のケアに取り入れやすいものになります。

シャワーで効率よく体を温める方法

シャワーを浴びる際にバスタブの栓を抜いたままの人が多いと思いますが、実はこれを栓をした状態で浴びるだけでもつま先などの暖まり方が違ってきます。
首などを温める際に少し熱めのお湯にする人なども多いですが、バスタブに栓をしておくことでお湯が溜まっていき、つま先を阿多女目安くなることに繋がり冷え症の緩和にもつながっていきます。
シャワーの前に5分ほどお湯をためるだけでも冷え症の対策になることが多く、入浴の時間が取れないという人などは脱衣所で過ごしている間だけでもお湯をためるだけでも変化が出てきます。
実際にシャワーから使用するお湯の量は10分のシャワータイムとしてもつま先を温めるには十分な量になるのでコストを掛けずに冷え症を改善する方法としておススメになります。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

冷え性の原因と症状は何?意外と身近な冷え症問題

NO IMAGE

冷え性で起こる主な疾患!冷え性で感じる症状と改善策

NO IMAGE

冷え症の改善方法とは?改善が生理痛や睡眠不足を緩和してくれる