冷え症の改善方法とは?改善が生理痛や睡眠不足を緩和してくれる

冷え症は慢性的なものでありなかなか改善できないというひとも珍しくはありません。
ですが日常生活を見直すだけでも冷え症の緩和につながることは非常におおいです。
毎日継続していくことや定期的にできるものが最も効果を発揮しやすいと考えてもいいでしょう。

冷え症の改善などは生理痛などの緩和や睡眠不足の解消などにも繋がりやすく、メンタルに負担なくストレスを感じにくいものから始めていくことがベースになります。

入浴で改善させる冷え症

冷え症に効果的なのは入浴になります。入浴などは簡単に取り入れることができるものに見えますが、一人暮らし等の場合はシャワーで済ませることも多いのではないでしょうか?
シャワーでは冷えなどの対策がなかなかできないとわかっていても、入浴する時間も取れない。
毎日の入浴はできないけれども週1~2回ならばできる。
そんな時にもちょっとしたテクニックでより効率よく冷え症の対策ができるようになります。

簡易式ミストサウナ

冷え症の対策にはサウナが効果的と知っていてもサウナに通うことはなかなか難しい人がほとんどです。
そこで自宅で出来るのが簡易式ミストサウナになります。
これは浴室が締め切った空間であることを利用して作るので、いわゆるなんちゃってサウナになります。
方法はシンプルで少し熱めのお湯をバスタブにシャワーでためるだけです。
これで湯気が浴室内に充満し、毛穴などを開き発汗作用を促してくれます。
定期的に行うことで冷え症の原因である汗が出ないを改善できることや入浴で体を内側から温め脂肪の冷えをとることにも繋がっていきます。
また、脂肪の冷えを緩和させることで便秘や生理痛などにも効果を感じやすくなり、冷え性はもちろんですが体全体に嬉しい効果を出しやすくなります。

なんちゃって足湯

つま先が冷えることを感じる人は多く、足湯などはつま先を効果的に温めることができます。
バケツなどにお湯をためて入浴剤などを入れることでつま先の血液の循環を完全させ体全体の血流を改善することにつなげることができます。
入浴などの前に足浴を行うことで入浴の効率を上げることにも繋がり、長湯などが苦手な人でも短時間で暖まりやすい体を作りやすくなります。
シャワーなどの前に足湯を行うのも体を温めやすくなります。
つま先に対する冷えの改善に効果を出しやすくコストも少なくて済むことや、好きな入浴剤などを利用することでリラックス効果を得ることもでき睡眠導入なども可能になります。

入浴剤を選ぶ

入浴剤は体を温める効果などの場合はゲルマニウムやカプサイシン配合のものなどがおすすめになります。
バスタイムを毎日確保することができない人の場合は上記の方法に入浴剤や足湯を九泡えることで冷え症の改善にも繋がっていき、日常に取り入れやすいものになります。

食生活の改善

冷えやすい食材はいくつかあり、その中で意外な盲点が冷たい飲み物になります。
アイスコーヒーなどはカフェインなども重なり体を冷やしやすく、飲み物に冷たいものを選ぶことの大人は体が冷えやすくなってしまいます。

定期的に温かい飲み物を飲む

冷たい飲み物を好む人の場合は4回に1度ほど温かい飲み物、温かいお茶などをとりいれることで体の冷えを抑えやすくなります。
常温の飲み物なども体は冷やしにくくなるので、コールドドリンクの間に意識して飲み物を変えていくことなどもおススメになります。

外食の際には和食を選んでみる

ランチなどを外食にする人も多いと思いますが、その際に和食にすることで冷え症対策にすることもできます。
おみそ汁などは冷え症の対策にもなり、お味噌汁を豚汁などに変えることでより冷え症や健康に対策が可能になります。
豚汁は総合栄養食としてもおススメであり、お弁当に追加でインスタントのおみそ汁などを追加することで冷え症の対策にも繋がり内面からの美容効果を得ることもできます。

お味噌汁に七味を少しだけ入れることでカプサイシンとイソフラボンの両方を効率よく吸収できるようになるのでおそばやお味噌汁に七味を使用することで冷え症の対策にすることも可能です。

簡単にできる部分を取れいれる

冷え症に良いエクササイズや運動などがあってもなかなか継続できないことが多く、冷え症の対策に大事なのは簡単に取り入れることのできるものになってきます。

入浴や飲み物、食事などは簡単に取りいれることができるのとストレスを感じにくい事や、コストも少なくて済むことなどからもおススメになってきます。
効果は高くとも継続が難しいものなどはストレスに繋がりやすく返って体調不良などをおこしやすくなってしまいます。
食事や入浴などは簡単に取り入れることができ、リラックス効果などを得ることもできます。
特に足浴などは疲労回復にもつながるので時間などに余裕があるときに試してみることがおすすめになります。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

女性に冷え症が多い理由は?成人女性の3人に1人は冷え性

NO IMAGE

冷え性の原因と症状は何?意外と身近な冷え症問題

NO IMAGE

冷え性で起こる主な疾患!冷え性で感じる症状と改善策