低体温体質と冷え性の違いは?低体温症で気を付けるべきこととは?

冷え症と低体温症は一見同じように見えますが、実は少し違っています。
冷え症は「体の冷えを自覚しやすい」ものであり、低体温症は「他の人から見ても体温を引く状態」をさし低体温症の人の多くが「冷えを自覚しにくい」状態で会えるといわれています。

寒がりなどはまた違うものになり、寒さや冷えに敏感ではあるものの厚着や安宅海恰好で対策出来ることや特に治療などは必要のないものになります。

冷え症と低体温症の重度の場合は専門医の治療やケアが必要になると考えた方が良いでしょう。

低体温ってどんなものなの?

一般的な体温の平常時の熱は36度前後とされています。これが34度や35度の場合は低体温と大まかに考えてもいいかもしれません
低体温で注意すべき部分は内臓の活性化を阻害する部分になります。
36度前後の体温の場合は内臓温度は37度を超えることが多く、内臓が活性化しやすい37・2度などはこれを満たすことで起こるようになります。
内臓の活性化はあまりピンとこないという人も多いかもしれませんが、1度内臓温度が下がることで免疫力は30%、代謝は12%下がるといわれています。
低体温で内臓が冷えている場合は便秘になることも多くこの数字がさらに下がっていくと考えると、低体温の人が疾患などを訴えやすいということがわかりやすいかもしれません。

冷え症よりも怖い低体温

低体温症でもっと怖いのががん細胞の活性化になります。
がん細胞は体温が35度以下になると活発になることから、がん患者の多くに低体温症の人が見られ里ことも珍しくありません。
また、内臓の温度が下がってしまうことからも免疫なども低下してしまいがん細胞を体に広げやすくなってしまう条件が整ってしまいます。
多くの低体温症の人が、がんなどになる場合は最初にアレルギーに似た症例を感じます。
この時点で看過せずにクリニックに行くことで早期発見と治療、低体温の治療などにも繋がるので平熱が低い人などは一度クリニックに相談することで緩和策などを得ることにも繋がります。
また、低体温は目眩などを招きやすく安易に見過ごしてしまうと昏倒等を招いてしまうことにも繋がってしまうので出来るだけクリニックに来院するほうがいいでしょう。

冷え症ってどんなものなの?

冷え症はつま先や指先などが6か月以上の長期に冷たく感じることなどを指します。
また、女性の場合は男性よりも脂肪が多いことや生理前後のホルモンのアップダウンで冷えを感じやすいことも多く、通常的な物でなくとも冷えを感じる人は少なくありません。
冷え症で起きる症状などはむくみや肌荒れ、便秘などを始め、悪化することで生理不順、内臓疾患なども招きやすくなってしまうので冷えを感じる場合には対策をする必要ができてきます。
低体温よりは対策や改善策を取りやすい部分が多く、重さとしては「低体温冷え症寒がり」と考えてもいいでしょう。
ただ、低体温の人は冷え症も併発しやすいことなどから同時にケアしていくことが最善策になることも珍しくありません。

冷え症は完治できない

冷え症は病気ではなく、症例であり完全な完治は難しいとされています。
西洋医学では冷えが原因で出ている症例を緩和させることはできても冷え症自体を感知させることは難しく、東洋医学などで処方してもらえる漢方等で体が冷えないようにすることは可能なので、冷えにくい体質を作っていくことが大事になってきます。

完治ができないというと深刻な問題にとらえてしまうかもしれませんが、冷えにくい体を作ることで冷え症の症状を感じないようにすることはできます。
日常生活に支障の無いようにすることは完治ではなくとも問題なく生活できるという面で肌維持だと考えるといいかもしれません。

低体温症で意識したいこと

低体温症の人は内臓の温度が下がりやすい状態であり、他の人よりも疾患などをおこしやすく免疫も少ないと考えておくといいかもしれません。
若年層などでは低体温であることをステータスにしている発言などもSNS等で多くみられますが、風邪などをひいても他の人よりも重い症状を引き起こしやすい、治りにくいと考えると少し体に異変を感じた際にすぐに医者に行くことが大事になってきます。
ちょっとした発熱や寒気などは気にしない人なども多いですが、低体温のひとは異変を感じた際にはすぐにかかりつけの医者に行くことが大事になります。
免疫が30%少ないというものは非常に重いものであり、低体温を理解し、意識することで体質改善や生活の見直し、健康面への留意などに繋がっていきます。
冷え症と低体温は全く違うものであり、その違いをすることで対策などはまた違ってきます。

平熱が35度~34度の場合は一度クリニックに相談したほうが全身のメンテナンスなども含めておすすめといえます。
低体温は珍しいものではありません。
もし低体温だと思う場合には専門医に判断してもらうことで実際に低体温なのか、一時的に体温が下がっているのかなどの区別もつき安心できるようになります。

関連記事

関連記事

関連記事がありません。